All Hāfu Japanese

Full Version: Comparative Analysis of Quantative Easing Policies between US and Japan
You're currently viewing a stripped down version of our content. View the full version with proper formatting.
近い将来に米ドルのハイパーインフレになる可能性について研究しているのですが、皆様は此の事について、どう思いますが。 日銀と連邦準備銀行の量的緩和政策を比較分析の研究中なのですが、どっちの国も、お金を物凄く増やし、どっちの国の国内総生産の100%以上増やしているのに、何故米ドルのほうが、値打ちがハイパーインフレの理由で値打ちが下がる可能性が日本円よりも高いのでしょうか。そして、米ドルは当時、世界の基軸通貨の得点が日本円よりあるのに何故、日本円は十年間以上も不景気が続きぱなしで、日銀が、お金を国内総生産のパーセントから分析すると連邦準備銀行程増やしているのに、日本円はハイパーインフレにならず、逆に経済がデフレの状態のままで安定出来ていられるのでしょうか。
Come on fellas, no responses to my question on this subject matter?